内部監査アウトソーシングサポート

アウトソーシングするという発想。内部監査を外部に委託することで、これまでのジレンマを解決する。

拠点が多すぎて、すべてを回ることができない…

内部監査にかかる企業の負担は、「時間」と「コスト」と「人材」です。数多くの企業が少人数で多くの拠点を巡回するには限度があります。ビジコムには、全国規模の専門家集団である「ビジコム研究会」ネットワークがあり、このネットワークの活用で、御社に3つの付加価値をご提供します。

  1. 1)専門家による監査
  2. 2)複数拠点の同時監査
  3. 3)人件費・交通費等の経費削減

日本全国にエリアAuditor(監査人)

内部監査での指摘に対して、改善が進まない…

ビジコムでは改善を進めるために、業務フローだけではわからない現場特有の問題をヒアリングや目視によって浮き彫りにし、現場と一体になって改善策の提案や改善後の運用確認を定期モニタリングにより実現しています。

J-SOXに対応したが、運用レベルでコントロールが効いていない…

2008年4月1日以降の事業年度から適用が開始されたJ-SOX法に対応するために上場企業を始め5年が経過し、御社の内部統制システムは構築当時のままではありませんか?
内部統制システムは、時代の変化や社会の仕組みに沿って見直しや再構築が必要です。見直しや再構築のもっとも良い方法は、内部監査によりPDCAサイクルを徹底的に運用することです。
長年、数多くの企業の内部監査を支援してきたビジコムが内部統制システムの再構築をお手伝いします。

思いもよらないところで、不正が発生し対応が大変…

近年、さまざまな企業の不正が報道されていますが、その際にどのような対応するかによりその後の会社の明暗が分かれます。
ビジコムでは、過去の不正調査や不正防止策構築支援の実績から御社の不正発覚後の調査の支援を行うとともに、再発防止や不正抑制への取り組みを支援いたします。

解決策:内部監査のアウトソーシング化で解決!

効率性・有効性をアップする内部監査のアウトソーシング化。今の時代、内部監査もBPOの対象です。
※BPO = ビジネス・プロセス・アウトソーシング

ビジコムのアウトソーシングだからこそ提供できる付加価値があります。

  • VALUE1 専門家である第三者の公正な視点による監査 社内では気付かないことや社内の“しがらみ“から離れた視点で、さまざまな業種で内部監査を実施してきたビジコムが社内の問題点やリスクを浮かび上がらせます。
  • VALUE2 多彩な監査内容 ビジコムには、会計士・税理士・内部監査人(CIA)・社会保険労務士など多数の専門家が在籍。会計監査はもちろん、特に業務監査、労務監査に力を入れてお客さまのニーズに合わせたオリジナル監査を実施しています。
  • VALUE3 経費削減に貢献 内部監査要員の増員や人材育成にかかる費用をアウトソーシングにより、削減できます。また、日本全国のビジコムネットワーク(ビジコム研究会)の活用で、訪問にかかる交通費を削減!(海外のネットワークも構築中です。)
  • VALUE4 複数拠点の同日監査も可能 企業を取り巻く環境の変化が激しい今日では、数年に1回の拠点訪問では、有効な内部監査が実施されているとは言えません。ビジコムであれば複数拠点の同日監査も実施可能です。タイムリーな報告を監査部門および、経営陣に報告できます。
  • VALUE5 不正発生への牽制機能 外部の専門監査人が訪問することで、不正発生への牽制になります。外部監査人の訪問により、不正が発見された事例も多数あります。
  • VALUE6 監査レポートを経営ツールとして活用可能 ビジコムから提出する監査レポートは、単なる報告書ではありません。拠点分析、改善提案、リスク診断などお客さまのニーズに合わせた経営ツールとして活用できます。

Prev

Next

監査での指摘事項を、如何にして改善していくか。ビジコムは、経営者の立場になってクライアントと共に考えます。

内部監査アウトソーシングサポートの概要

START:内部監査のご依頼

STEP1 テスト監査およびリスク診断の実施 監査計画の立案や監査内容の決定のために、1~2拠点を御社担当者様と同行して業務プロセスを確認しながらテスト的に監査を行い、御社におけるリスク診断を実施します。実施後には、診断したリスクの内容をリスク診断レポートとして提供いたします。

STEP2 監査計画の立案 監査対象とする拠点や年間の訪問スケジュール、監査チェック項目の設定を御社担当者様と立案します。

STEP3 内部監査の実施 監査計画に基づいた内部監査を御社にかわって実施します。

STEP4 テスト監査およびリスク診断の実施 内部監査実施後はチェック結果とともに改善策をまとめたレポートを作成します。

STEP5 監査報告会の実施 基本的に毎月1回の定期監査報告会を開催し、現場における問題点やその改善策の提案を経営者や部門責任者と検討します。

STEP6 監査対象部門へのフィードバックおよび、改善プロセスの実行 指摘するだけにとどまらず問題点や改善策を御社担当者と一緒に現場へフィードバックします。

STEP7 フォロー監査の実施 改善プロセスが有効的に機能しているかフォロー監査を実施して確認します。

STEP8 フォロー報告会の実施 フォロー監査についても報告会を開催し、検討します。

STEP9 定期的な内部監査の継続および見直し (3)~(8)のプロセスを定期的に継続して、あるべき姿としての御社の内部統制を維持するとともに、チェック内容が環境の変化により陳腐化、形骸化していないかを毎年見直します。

内部監査もアウトソーシングの時代。まずはリスク診断から。

TEL:06-6310-3101 平日 10:00~12:00 13:00~17:00

TEL:06-6310-3101 平日 10:00~12:00 13:00~17:00

Pagetop