ニュース&トピックス

ニュース

コンプライアンス違反倒産が増加会計

2015/04/08

帝国データバンクの調査によると2014年度の「粉飾決算」「業法違反」「脱税」などのいわゆる「コンプライアンス違反倒産」企業が219件と過去最多を更新しました。
2008年のリーマン・ショックによる世界同時不況により、コンプラ違反倒産は減少しましたが、近年の景気回復により徐々に増えてきています。
もっとも多かったのが、不正経理や融通手形などで決算数値を過大や過少に見せる「粉飾」が88件と4割を占めています。
また、業務停止命令や許可取り消しなどの法令違反による「業法違反」が63件と約3割を占めています。
さらに国や自治体からの診療報酬や助成金などの「不正受給」も増えてきています。

詳しくは帝国データバンクの下記URLを参照ください。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p150403.pdf

ビジコムは、皆様と共に考え共に成長するベストパートナーです。

TEL:06-6310-3101 平日 10:00~12:00 13:00~17:00

TEL:06-6310-3101 平日 10:00~12:00 13:00~17:00

Pagetop